SPECIAL INTERVIEW Vol.1  -なぜフランスブランドに惹かれるのか - PART1

「北欧展」「フランス展」など、毎年数々の海外展を成功に
導かれている、ジェイアール名古屋タカシマヤ 
井澤卓也さんに、コフレスタイルのバイヤー 渡邊香が
お話をお聞きしました。
世界各地に眠るきら星のような素敵なモノを探し求める旅に
密着する紀行番組「世界はほしいモノにあふれてる
(NHK総合)」で、特集された共通点を持つ二人。
「フランスブランドの魅力」から、モノに秘められた
ストーリーを届けることの大切さについて・・・。
数々のブランドを手掛けた二人だからこそ語られた、
特別な対談をお楽しみください。

 

 **************

 

 

 渡邊  :こんにちは。第一回スペシャルゲストとして、
     この業界のバイヤー職が憧れる、
     ジェイアール名古屋タカシマヤの井澤さんに
     お越しいただきました。
     ありがとうございます。
     2021年のフランス展に出店させていただいたことを
     きっかけとして、対談させていただくことに
     なりました。井澤さんの視点からフランスブランド
     の魅力に迫りたいと思います!
     井澤さんは数多くの海外展を開催されておりますが
     フランスブランドの魅力は何ですか?

井澤さん:どこの国でも中途半端に作っていないんですけど、
     フランスのブランドは「自分のブランドはこういう
     ブランドだ」ということを何度も何度も物語を
     語ってくれます。それは彼らが一番深く話したい
     ところなんですよね。日本に持ってくるとき、
     背景をどうやって伝えるのかが難しいのですが、
     購入されたお客さまが、接客でお話させていただい
     たことを思い出していただけるようなストーリーが
     あるものじゃないと日本ではなかなか売れにくい
     ですね。デザインが良いのは当たり前なんですけ
     ど、“何かストーリー”があるものがいいですね。

渡邊  :「お客さまたちの顔を目に浮かべ、思いながら」と
     いうことを井澤さんは大切にされているのですね。
     私も、バイヤー職としてそういう気持ちは
     ずっと持ち続けていたいなと思います。
     私がやっているコフレスタイルはベビー、
     キッズ、マタニティが中心です。
     たくさんのブランドを集められているフランス展で
     大人が使うモノたちの中に、ベビーキッズアイテム
     を選んでいただいたということは、
     どういうセレクトの理由だったのでしょうか。

井澤さん:大人も昔の思い出を、大切なものとして皆さん
     お持ちです。大人が見てもかわいらしいと思うのは
     子どもが見てもかわいいし、かわいらしさの
     感じ方は一人一人違います。
     子どもをターゲットにしたら子どものためのものに
     なるんですけど、子どものために作ったものでも
     見せ方、使い方、ブランドのストーリー(説明)
     をちゃんと大人向けに説明してさしあげると、
     もしかして“私の宝物”になるんじゃないか。
     たとえば、大人の生活を思い浮かべてみて、
     リビングのあそこに置いていたら、帰った時に
     ホッと安心するんじゃないかと思うんです。
     子どもが遊ぶものとしてではなく、大人が元気を
     もらえる対象として「何かないかな?」と
     探していた時に偶然会ったのが「コフレスタイル」
     の商品だったんですね。

渡邊  :ありがとうございます!
     今、目の前でこの対談を聞いているスタッフたちは
     みんなこのコフレスタイルが大好きで、
     やはり年齢問わず、気持ちが上がったり、
     やっぱり心が落ち着いたり・・・
     癒しにもつながっています。
     そういうところを理解してくださる井澤さんに、
     私たちも共感しています。今回出展している
     「Doudou et Compagnie」や「Histoire d'Ours」
     のブランドも子どもの商品ですが大人の方からも
     人気があります。

 

井澤さん:ぬいぐるみで、長い間飽きさせない商品づくりは、
     なかなか大変ですよね。
     やり続けるのが難しいアイテムです。

渡邊  :そこをご理解頂き、ありがたいです。
     創始者が時代に沿いながらも、変わらずぬいぐるみ
     を作り続けているからかもしれませんね。
     ぬいぐるみは日本では、そこまで必需品では
     ありません。でも無くなっては困るもの、子どもの
     心のよりどころとして必要です。
     そして、大人になっても、またそばに置いておきた
     いと思い返すものかもしれませんね。
     このdoudou達をきっかけに子どもも家族も一緒に
     幸せ時間を持てたらよいなと思います。

井澤さん:子ども=お孫さんに渡すとか、娘・息子に渡すだけ
     ではなく、自分の為に買ってもいいんじゃないか。
     昔、自分が大切に思っていたようなものを、
     今大人になって、自分のために買っていただく。
     自分の時間と空間を作っていただくために、大人の
     人にも買っていただけたらなと。
     「こんなのほしかった」と言っていただけると
     思います。僕はエルメスでバイヤーしていた時に
     ベビーグッズを扱っていたことがあります。
     ベビーグッズは贈り物としての需要があるのは確か
     なんですけど、例えば大人の方がリビングに置いて
     おきたいと、子ども用のブランケットを買われたり
     とか...こういう捉え方が、コフレスタイルを
     フランス展にセレクトした理由なんじゃないかなと
     思います。こういうものがあったら、どんどん
     ご紹介したいと思います。


<感想>
名立たるブランド、モノづくりの技術を感じるフランス展の
商品群にコフレスタイルを選んでいただき、
本当に光栄でした!
コフレスタイルブランドのほとんどがフランスの展示会、
メゾンオブジェに出展しています。
この展示会は別名“インテリアデザイン界のパリコレ!”
ともいわれるぐらいの世界最高峰のインテリアデザイン関連の
商品が集まります。
例年はこの1月に開催(今年は3月に延期)されており、
たくさんの素敵なものと目利きバイヤーが集まる展示会のこと
を思い出したら、井澤さんと初めてお会いしたフランス展の
思い出が蘇ってきました。
次回スペシャルインタビューでは、2021年のフランス展を
振り返りますね!