SPECIAL INTERVIEW Vol.1  -なぜフランスブランドに惹かれるのか - PART2

「北欧展」「フランス展」など、
毎年数々の海外展を成功に導かれている、
ジェイアール名古屋タカシマヤ 井澤卓也さんと
コフレスタイルのバイヤー 渡邊香の対談を
お届けします。
“SPECIAL INTERVIEW -
なぜフランスブランドに惹かれるのか - PART2”
として今回は、「フランス展2021」の商品セレクトを
起点に、お話をお伺いいたしました。
Vol.1と合わせてお楽しみください。

 

**************


フランス展@JR名古屋高島屋

渡邊  :フランス展では、どういったところに
     こだわって品揃えをされたのですか?

井澤さん:フランスと言ったら、皆さんご存じの
     シャネルやエルメスの歴史があって、
     燦々たるデザイナーがいます。
     フランスを代表するブランド、皆さん
     もご想像されますよね。
     私がこだわっているのは、生活雑貨の
     ときも、そのブランドのお客さまたちにも
     納得していただける品揃えにすること
     です。

渡邊  :この状況下の中でも、フランス展に数多く
     のブランドが出展されていて驚くと同時に
     エネルギーを感じました!
     きっと大変なご苦労があったかと
     思います。

井澤さん:いつもはフランスに行って、
     フランスで見つけてきて、それをなんとか
     輸入して店頭に並べるというやり方を
     しているんですけど、今回はそれができま
     せんでした。
     実は、シャネル、エルメスでコサージュを
     作られている方がいらっしゃって、その方
     の商品を今回たくさん輸入しているんです
     ね。シャネルの代表的なコサージュを
     オートクチュールで作っていらっしゃる方
     とプレタポルテで作っていらっしゃる方と
     デザイナーが違うんですけど、今回は
     オートクチュールの方に初めて接点を
     持ち、プレタポルテの靴のコサージュを
     作ってる方をご紹介いただきました。
     そして、一流のブランドから一流と認めら
     れている作り手の方にフランス展に
     出ていただきました。
     たとえ名前を聞いたことないブランドの
     出品者でも、よくよく話を聞いていただく
     と「シャネルのコサージュを作ってる
     んです」というふうに、シャネルや
     エルメスを使っているお客さまにも
     新しい発見があると思いますよ。
     そして、それを使うことでその満足感を
     上げていただきたいです。


通りすがりにシャネルの撮影に出会う@Parisにて

渡邊  :私はシャネルが好きなんですけど、
     その中でもガブリエル・シャネルの人生の
     フィロソフィーにすごく惹かれて、
     それから段々とフランスブランドの魅力に
     はまっていったんです。シャネルが言った
     「私は流行を作ってるんじゃないの、
     私はスタイルを作っているの!」
     というまさにこの名言こそ、シャネル没後
     50年が経った今でも、私たちのバイヤー
     業務にも生き続けているんじゃないかと
     思っています。
     今回のフランス展でいろいろな歴史ある
     有名なブランドだけではなく、無名だけど
     生活の中にあるいろいろな商品をセレクト
     されていて、そして作り手の話を紐解いて
     いくと、こういうブランドとのつながりの
     背景や歴史があったんだと
     気づかされたり。
     井澤さんの“シャネルやエルメスを好きな
     お客様が見ても、こういう生活雑貨であれ
     ば納得できるということが、品ぞろえの
     判断基準。”は目から鱗でした。
     そのあたりのこだわりをもう少しお聞きし
     たいです。


井澤さん:期間限定のフランス展になると、ブランド
     が正式に出展する際のCIとか見え方とか、
     この催事売り場で展開していくのは難しい
     です。
     また、フランス展にお越しいただく
     お客さまの中には、私がシャネル、
     エルメスで接客したようなお客さまで
     新しいものを期待されてお越しになります
     ので、実際に「雑誌で見た、SNSで見た
     アレを紹介してくれないか」と、
     お問合せを受けるんですね。
     これはハードルが高そうだなとか、
     ブランドがお抱えで難しそうだなとか、
     そういうブランドが数多くあるんですけど
     フランス製のこういうものを揃えるには
     ハードルが高いとあきらめずに、
     何とかご紹介したい。
     いろいろな角度から、現地の知ってる人に
     口を聞いてもらい、様々なつながりから
     出会いがあって、ようやく商品にたどり着
     きます。
     それぞれの分野で一流を目指している
     作り手は、実は一流メゾンから依頼を
     受けてその商品をつくっている・・・
     そんな商品を取り揃えています。


渡邊  :フランスの中でもパリは、古いものも
     新しいものも、中世のモニュメントと10代
     のクリエイターたちの物が一緒に展示され
     ている美術館があったりしますよね。
     私が手掛ける「コフレスタイル」の
     「コフレ」はフランス語で「宝物」という
     意味なんですが、まさにパリの街自体が
     宝箱みたいで、その街の中にあるモノに
     魅力を感じて、この仕事を20年以上続けて
     います。
     そう、まだまだ飽きない。深く掘れば掘る
     ほど、発見があったり。そういう中で歴史
     だけじゃないつながりを感じることがあり
     ます。


オペラ座_歴史ある建物の前を現代の車が走る@Paris

井澤さん:フランスには伝統と歴史が多方にあって、
     現代にあった商品を作り続けています。
     イギリスも伝統があるところは多いですけ
     ど、フランスには日本人が憧れる要素が
     ありますね。
     歴史だけではこういうふうにならないと
     思うんですけど、やはり貴族の文化が
     あって、貴族が豪華に贅沢に使っていた
     ものが今も残っていて、今風に商品化され
     ている。
     その昔、贅沢で希少価値あるモノを持つこ
     とで貴族たちは満たされていたと
     思うんです。一点一点手作りをして、
     その手作りの技法にフランスらしい技術や
     デザイン性があり、フランスらしさが
     反映されているところが日本人にはグッと
     くるという!

渡邊  :そうですよね。
     ここ(胸)にひっかかりますよね!
     心のひだが震える瞬間ですね。
     ご多忙のなか、この対談で貴重なお話を
     お聞かせいただき、本当にありがとう
     ございます。

<感想>
第一回目のゲストはジェイアール名古屋タカシマヤ
フランス展バイヤー 井澤卓也さんでした。
フランス展開催の舞台裏という貴重なお話を教えて
いただいたことはもとより、フランスブランドに
魅力を感じている理由を聞いていただき、とても
幸せな時間でした。その場にいたスタッフ全員が
井澤さんの言葉に共感し、心から頷き、
胸が熱くなり涙目になる者もおりました!
井澤さん、ありがとうございました。
これからも「コフレスタイル」を通じてフランス
ブランドの魅力を配信していきたいと思います。
2022年のJR名古屋高島屋でのフランス展は8月に
開催予定です。
また、お会いできる日を楽しみしています。


フランス展@JR名古屋高島屋